マッサージでリラックス

マッサージは道具を使うのも便利です

マッサージを行う場合、手を使わなければいけないと思っている人もいるかもしれません。 体温が伝わるのでより効果的だという人もいます。
ただ、人によっては力加減が分からない、ピンポイントで刺激を与える事が出来ないと感じてしまう事も少なくありません。
また手で行っているとどうしても疲れてしまうという人もいるでしょう。

そういう時に便利なのが道具を使ったマッサージです。
電動の物もあれば、自分で押したり引いたりして刺激を与える物まで様々なタイプがありますが、自身の手で行う時に比べると比較的使いやすい物となっていると言って良いでしょう。
また他人へのマッサージだけでなく、自分の肩や腰など簡単には刺激を与える事が出来ない部位に関しても、道具を利用すれば比較的簡単に刺激を与える事が出来る様になります。
したがって、マッサージを行う場合は手だけでなく道具もうまく活用する事はとても便利であり、メリットがある事だとも言えます。

家庭にある道具を代用してマッサージ

筋肉の疲れをほぐし、身体も心もリラックスさせる方法に道具を利用したマッサージがあります。スポーツショップなどで専用のものが売られていますが、家庭にあるものでも代用ができます。

足裏をもみほぐすのに手で行うと指先が痛くなったりますし、膝が悪い人は曲げることが苦痛になるときがあります。そんなときには、体育座りの姿勢で簡単に行える、テニスボールやゴルフボールを足裏でコロコロ転がすやり方が適しています。この方法だと何かをしながら取り組むことができて、程よい刺激を与えることが可能です。

テニスボールは自分では手の届かない背中をマッサージする道具にも利用ができて、靴下やいらなくなったストッキングなどに2つから3つ入れて口を結び、仰向けになってテニスボールの上に背中をのせたら自分で動いてコロコロさせるだけです。お尻や太ももの裏や腰にも使えますが、元々腰が悪い人は気を付けて使わないと痛みが増す場合があります。テニスボールは硬式が程よい硬さで、筋膜をほぐすのに役立ちます。

recommend

Last update:2016/5/16